ノウハウ・ツール

chromeのタブがいっぱいになってしまった時の対処法~グループ機能の使い方

ららです。

GoogleChromeを使っていろいろと作業をしている時、
はっと気付くと、こんなふうにタブがいっぱいになってしまうことありませんか?
chromeのグループ機能の使い方

ありますよね~。
どのページがどこに行っちゃったか、わからなくなるんですよね~。

こんな時の対処法をご紹介します。

chromeのタブが多すぎる時の対処法その1「消す!」

GoogleChromeでタブがこんなふうに溢れてしまった時。
chromeでタブが多すぎる時

一番メジャーな対応は、要らないタブを消すことですよね。

「もう要らないな」と思うタブにカーソルを持って行って、×印を押せばそのタブを消すことができます。
chromeのタブの消し方

私もずっとこの原始的な方法で解消していました。

でも、こういう時ってあとになって必ず

さっき消しちゃったあのページ、もう一度見たかったのに~;;

となります。

ブックマークしているページならすぐに表示できますが、偶然見つけたページだったら、もう一度検索するのは面倒ですよね。

そういう時には、こちらの履歴メニューから消しちゃったページを探すことになるんですが、これも意外と面倒なんです。
chromeの履歴の検索

chromeのタブが多すぎる時の対処法その2「グループ機能」

そんな時にはGoogleChromの新機能の「グループ機能」を使うと便利です。

たとえばこちらの画面。
chromeでタブが増えすぎた画像

「CW」と書いてある同じようなページが並んでいるので、これをグループ化してみたいと思います。

chromeのグループ機能でタブをグループ化する方法

まず、グループ化したいタブの1つを右クリックして、ここをクリックします。
タブをグループ化する方法

そうすると、このような画面が出てくるので、グループの名前を色を指定してEnterを押してください。
タブをグループ化する方法

そうすると、「CW」というグループができ、今設定したタブが赤く囲まれてグループのメンバーであることが表示されます。
タブをグループ化する方法

次のタブからは、グループ名を指定して仲間に入れていきます。
chromeのグループ機能の使い方

この調子ですべてのタブをグループ化していくわけですが、一番端のタブを、Shiftキーを押しながら設定すると、挟まれたすべてのタブがグループ化されるので便利です。
chromeのグループ機能の使い方

グループ化すると何が便利なのか?

グループ化のメリット。それは何と言ってもスペースの節約です。
グループ名をクリックすると、グループ化したタブがすべて吸収されて見えなくなります。もう一回押すと表示されます。
グループ化するとスペースの節約になる

新しいグループを作って他のタブもグループ化すると
chromeのグループ機能の使い方

タブがめっちゃスッキリします。
chromeのグループ機能の使い方

さっきまでの画面と比べてください。
chromeでタブが増えすぎた画像

グループ化したあとの扱い方

グループ化したあとも、普通にタブを消すことができます。
グループ化したタブの消し方

グループから外すこともできます。
グループからタブを外す方法

新しいグループに移動させることもできます。同時に2つのグループに所属させることはできません。
他のグループに移動させる方法

グループを解除することもできます。解散するってことですね。
グループを解散させる方法

グループごと、別のウィンドウに移すこともできます。chromeのウィンドウが2つになってそれぞれに別のタブが表示されるってことです。
グループを別のウィンドウにする方法

まとめ

これはGoogleChromeの機能なので、他のブラウザを使用している場合には使えませんが、でもこの機能は便利な新機能ですよね。

今回は、カテゴリー別にグループ化してみましたが、「要らないかな?」と思ったページをとりあえず入れておくグループを作って、消す前にそこに避難させるようにすれば、うっかり消しちゃってあとで後悔することがなくなります。

グループ化して整理することを目的にしてしまうと、肝心の作業が滞りますので、整理整頓をするために使うんじゃなく、いらなそうなタブをまとめて見えなくするために使うのが、一番実用的なのかな~と私は思います。

この便利な新機能、ぜひ使ってみてください。

 

無料レポートが書けなくてもメルマガを始める方法
HAPPYな仕組みダウンロード

「メルマガを始めてみたいけど読者を集めるの大変そう…」
そんなあなたへ。努力しなくっても読者さんが集まる、目からウロコの方法を伝授します(無料です)。

>>レポートをダウンロード!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です