01情報アフィリ入門

ステイホームで空いた時間を活用して外注や文章を学ぶ方法

ららです。

2020年は新型コロナの感染拡大で、すっかり生活が一変してしまいましたよね。

春には「マスクがない!」「トイレットペーパーがない!」なんて事態もありましたし、
学校が急~に休校になったり卒業式や入学式が中止になったり、本当に慌ただしい日々でした

週のほとんどがテレワークになったり、不要不急の外出を自粛したりして、家にいる時間が相当増えました。飲食店の時短営業やイベントの中止、旅行も行きにくくなって、娯楽も相当減りましたしね。

家で仕事をするって、簡単に言いますけど大変なことですよね。
お子さんがいる場合のお母さんはなおさらです。

子供はお母さんが家にいれば、何かと用を言いつけてきますからね。
仕事中だなんてわかりません。わかってても自制がききません。

私もいつもそうですよ。
私が外に出てしまえばそれなりに1人でやってくれるんだけどな~といつも思ってます。

 

そうやって家にいる時間が増えると当然、
「家でできることは何かないかな?」
となりますよね。

こんな時には、今まで忙しくてできなかったコトを
やってみるいい機会じゃないでしょうか。

この時間を、自分を成長させるための時間にできたら最高ですよね。

わかっちゃいるけど、でもどうしたらいいの?

そんなあなたに、おすすめの2つのパターンをご紹介します。

今人気のライターさん。やってみる?雇ってみる?

たとえば、
『ライターさんのお仕事をやってみる』
っていう選択肢もありますし、

逆に
『ライターさんを雇う経験をしてみる』
っていう選択肢もありますよね。

前者の場合、自分がクラウドワークスなどでライターさんに応募して、人のマニュアルで記事を書いてみるっていう経験になりますが、それは絶対にいい勉強になると思いますし、何と言っても書いたらすぐにお金が入るのがいいですよね。

逆に、自分で記事を書きたくないのなら、この機会に外注のお勉強をしてみるっていう選択肢もありなんじゃないでしょうか。

私も、2年くらい前に初めて外注をやってみたんですが、本当~にあの時、勇気を出してやってみて良かったと思ってるんですよ。

ライターさんを雇えることによるメリット

だってね、

自分では一切記事を書かなくても複数のブログの運営ができるようになったし、

ライターさんで募集した方が実はイラストのスキルを持っていて、それをもとにしてイラスト集を作成したり、アバター作成サービスを立ち上げたり。そんなこともできましたしね。

あ~あと、去年の秋には、「アドセンスに合格したいのにできない!」という方のために、代わりに記事を用意する企画を行い、大変喜んでいただいたりもしました。

もちろんそこまで手を広げなかったとしても、コンスタントに外注さんに記事を書いてもらってさらに記事投稿もしてもらえるってことは、自分のやる気がダウンしたときでも、記事更新は継続されるっていう保証になりますからね。

これはね、やってみるとわかりますが、ものすご~~~~く、心強いですよ。

「今日は二日酔いで記事書くの無理…」とか
「子供が発熱して、朝からべったりで記事どころじゃない!」とか
「持病が悪化して、頭が上手に回らない」とか

そんな状況になった時でも、ちゃ~~んとブログの記事は1記事増えてるわけです。

すごくないですか?
すごいですよね^^

私が外注を勉強した教材はコレ

もちろん、外注さんを雇えば費用はかかるわけですが、いつまでも記事が書けずにいたら稼ぐこともできませんし、それに1記事数百円のコストなら、払えないことはないって思いますよね。

私が外注を勉強したのはこちらの教材ですが、外注だけじゃなくってアドセンスの情報も満載なので、今でも本当に役立っています。

発売されてからまだ数年ですが、毎年少しずつバージョンアップされてかなり進化しています。

もちろん私も徹底的にサポートしますよ。

ライター業は即金が魅力

一方でね、
「いやいや、外注なんて邪道。私は自分で記事を書けるようになりたいんだ!」
という方もいらっしゃることと思います。

そうですよね。記事が書ける能力というのは、自分が外注さんになることで即金になりますしね。

私も、最初は外注さんは300円とかで募集しますけど、実力のある人の報酬はどんどんアップしてますよ。

だって逃げられたくないから(笑)

今は、1記事1000円とか1500円とかの案件もあるので、実力のある人はどんどん稼げる構造になってますもんね。そういう意味では選びたい放題じゃないでしょうか。

 

もちろん、自分で書いて、自分のブログに投稿してそれでアドセンスで稼ごうっていうのも大いにアリですけど、もしも上位表示がされずにアクセスがなければ、100記事書いても最悪ゼロ円だったりしますよね。

その点、ライターさんを自分がやるのであれば、100記事書いたら、必ずその分の報酬はもらえますので、「今すぐにお金が必要!」って場合には外注さんの仕事で腕を磨くのも、いいアイデアだと思います。

どうせやるなら高額報酬!単価アップさせる方法とは?

ただやっぱり、「1記事300円」とかじゃ~、割が合わない感がハンパないと思いますので、実力をつけて、「1記事1500円」とかで活躍したいですよね。

1記事1500円の実力をつけるのであれば、こちらの教材が断然おすすめですよ。

この教材は、いわゆるライティング教材とはちょっと違って、ふつう~の人が読むふつう~の記事をいかに自分らしく、いかに面白く書けるか?に特化してるんです。

プロがふだん、どんな構成で記事を書いているかも教えてくれますので、「1記事書くのに何時間もかかってる~」って場合にはきっと目からウロコだと思いますよ。

 

しかも、1つ1つのテクニックが独立していて、具体例も豊富なので、すぐに取り入れることができるってところも、大きなポイントです。

あなたもありませんか?記事が書けるようになりたくてライティング教材を買ったのに、「で、私は何をすればいいの?」という状態になっちゃったこと。

理屈ばっかりで実践のないライティング教材は本当に使えない教材の1つですよね。今までで一番損した教材なんじゃないでしょうか。

その点この教材は、

  • 初心者さんの実際の悩みをもとにしている
  • すぐに取り入れられるようにテクニック別になっている
  • 誰でも再現できるように、実例を豊富に盛り込んでいる

↑というのが特徴ですので、独自の調査では「満足度96パーセント」なんだそうですよ。

私もそうだろうなって思います。自信を持っておすすめできますね。

ららのおすすめ2大教材はこちらです

というわけで、あなたはライターさんをやる?雇う?
これはもう、自分はどっちが向いているか?の問題で、どっちが得とか損とかはないですね。

外注さんに記事を書いてもらいたい場合はこちら

自分で記事を書いて稼ぎたい場合はこちら

せっかくできた時間をぜひ有効に使ってみてくださいね~。

ちょっとひといき

今年私は、数年ぶりにPCを新しく買い換えました。

データやソフトを移行するのが大変だったり、ウィンドウズが10になってストレスだったりしましたが、何よりも立ち上がりが速いことにめっちゃ感動してます。

最初のPCの起動なんて、今までは10分くらい余裕でかかっていたのに、今じゃ5秒で立ち上がりますし、サンダーバードやGIMPなど、立ち上がるのに3分くらいかかっていたソフトも今では秒で立ち上がります。

おそらく大きいのはメモリーが倍になったことHDDが一部SSDになったことでしょうかね。特にSSDは威力がすごいらしいですよ。これは昔のPCには搭載されてません。

今まで私はどれだけ時間を無駄にしてたんでしょう;;

もしあなたも「いまだに古いウィンドウズでやってるよ!」ってことであれば、無理やりウィンドウズをアップデートするよりも、PCの買い替えを検討した方がいいかもしれないですよ~。

無料レポートが書けなくてもメルマガを始める方法
HAPPYな仕組みダウンロード

「メルマガを始めてみたいけど読者を集めるの大変そう…」
そんなあなたへ。努力しなくっても読者さんが集まる、目からウロコの方法を伝授します(無料です)。

>>レポートをダウンロード!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です